ゼンタングルで使う時のおもしろスケールの使い方

こんばんは、こはなです。
いつも、ご覧いただきありがとうございます(*´ω`*)

猫ちゃんの夜泣き?はまだまだ続いて、寝不足な私です(^-^;)

今日はおもしろスケールのことを書きます。
前回(ゼンタングルとコロリアージュに使える「ドラパス おもしろスケール」)、ブログに書いたのは、使う前の私のイメージを書きましたが、今回は使ってみた感想書いてみたいと思います(*´ω`*)

Sponsored Links


ローラーの部分にメモリがついてる

おもしろスケール

ローラーは横線を引く時に使います。
「行」の線を書くイメージです!

1つの横線を書いたら下へ下へとずらして書いていきます。その時、ローラーについているメモリを使うと同じ感覚の横線が引けます(*´ω`*)

使っている時は、「おぉ〜、便利やぁ〜」と一人で喋っていました^^;

左右に力入れないと線が真っ直ぐに引けない

zentangle
大人の塗り絵

横線を引く時に、下へずらしますが力上手いこと左右に入らないので、同じ幅になりません。
例えば、左は1cmなのに右は1.2cmなどずれています。

私のやり方が悪いのかな^^;
何度かやってみましたがコツがつかめませんでした。

コンパスが直ぐに出ないときは役立つよ

線が上手く引けなかったので、円も期待しないで描いてみると上手く描けました!

描き方は、ペンを2本使って描きます。中心部分のペンは固定し、外側の線をグルっとまわして描いていきます。

大きな円は上手くいきましたが、小さな円は上手く動かなかったです^^;

ナナメの線は分度器を使う

塗り絵

私はナナメを使ってみましたが、今は使うことがないかな。
使い方ははっきり分からないのです^^;こんな感じで使うのかな〜と思いながら使ってました。

分度器の斜めに線が入っている部分を使って私は線を描きました!
分度器の斜めの線を、先に描いた線に合わせ描きました。これであっているのかな?( ̄▽ ̄;)

Sponsored Links


おもしろスケールでゼンタングル

通常のゼンタングルとマンダラを描いてみました(*´ω`*)

通常のゼンタングル

zentangle

枠の線をおもしろスケールで描き、後は好きなパターンを描いて楽しんでいましたよ。久しぶりに描いたのもありますが、凄い集中して描いてました(笑)あぁ〜もう寝ないとダメなのにと思いながら最後まで描きました(-^□^-)

最後まで描かないで違う日に描くと、なぜかイマイチな仕上がりになってしまいます(´^◇^)
何でなんだろう???「(゚〜゚o)ウゥーン

マンダラ(このページにマンダラのこと書いてます→コロリアージュ 大人の塗り絵追加!?

マンダラ

マンダラは通常のゼンタングルに比べて描く回数が少ないです。

この、おもしろスケールがあれば描く回数が増えるかなと思ってます。
なぜ、描く回数が増えるのかというと、コンパスの針の部分が気になります。

一回だけ、円を描くなら中心部分の穴は小さくて済みますが、何回も円を描くと穴が大きくなります。
おもしろスケールだと、ペンを使うので穴が開かないので綺麗な状態です。鉛筆で中心を押さえておけば、消しゴムで消せます。

ただ、、、小さい円が描きにくいのが問題ですね^^;
どうしようかな〜他に描き方あるのかな

おもしろスケールをリピートする?

リピートするかは、とても悩みます。また、買いたい気持ちが60%で買わないが40%ですね(^-^;)
買いたい方の理由は、ローラー部分のメモリがとても役立ったので気に入ってます。まだ、沢山使っている訳ではないので、上手く使えるようになれば重宝します。

買わない理由は、プラスチックなのでとても軽いです。もう少し重みがあれば、線が引きやすいかなと思います。慣れも必要なのかもしれません^^;

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
Keep smiling(≧▽≦)ノ

Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です