ゼンタングルに出会えた

こんにちは。こはなです。
私は隅にいてるwebデザイナーです。全然凄くないwebデザイナー(笑)
webデザイナーと聞くとほとんどの方が『絵』描けると思ってる…私は描けません。本当に絵心ないです(笑)絵が描けるって羨ましい。

色んな本買いましたよ!ボールペンで簡単に描ける~とか、たくさん買いました。でも、何か違うな~と。本買ってみては違う、本買ってみては違う…こんな感じがずっと続いてました。

数年前、本屋さんで出会った。
私が描きたいのはこれ!やっと出会えた( ;∀;)
すぐに本買ってニヤニヤしながら帰りました(*^^)v

Sponsored Links


そもそもゼンタングルとは何だろう?

ゼンタングル(zentangle)とは

https://www.zentangle.com/ (公式サイト)

ZEN(禅)TANGLE(絡まる)を合わせたもの。
アメリカ発祥のリック・ロバーツとマリア・トーマスにより創られたものです。
ペン一本で誰でも描けるアート。線、曲線、丸など同じ模様を繰り返し描いていきます。

Sponsored Links


私が受けたゼンタングルの講座

本当は、ここで描き方を伝えたいのですが、ゼンタングルは認定講師の資格がないと教えてはいけないのです。私は、資格を持っていないので教えることができません。

私は教えられないので、講師の方のブログをご紹介します。海外の講師の方が多いですが、日本にも素敵な認定講師の方がおられます(#^^#)
私が講座を受けたお二方をご紹介します。

アメリカ在住のさとういづみ講師
http://blog.izumisato.com/
いづみさんは、私がゼンタングルに出会った時にすぐに講座を探しました。ショックなことに日本での講座がちょうど終わったとこでした( ;´Д`)半年ほど待って、講座は受けれました。テレビ取材もきていてびっくり。少しテレビに映っていた(笑)

いづみさんの講座はとても楽しいですよ。元アナウンサーをされていたそうです。アートだから描きたいように描けるのに、受講されている方の絵見ると上手いな~と思ってしまいますね。午前と午後を受けましたが、本当にあっという間の講座でした。

興味のあることは、本当に時間経つのが早いですね。最後にいずみさんのサインを貰いました。実は、どんな感じにゼンタングルを描いているのかを見たかったんです。

日本在住の芳野かえ講師
http://kaeyoshino.com/
http://tanglefan.hatenablog.com/
芳野さんの講座はオンライン講座のマンツーマンで受講。芳野さんの宝石とシェーディングがとても素敵で、また、すぐに講座を受けました。初めてラインのテレビ電話!?をしました。最初分からず、相手に私の顔のドアップが映るというハプニングが(笑)

マンツーマンなので焦らずできて良かったです。グループだとついていくのに必死だから。ちょっとゆっくりな私だからマンツーマンはとてもやりやすい。宝石は上手くいきましたが、シェーディングは上手くいきませんでした。

最初から上手くはいかないですがコツは教えてもらえましたので練習するのみ(#^^#)ゼンタングルは『間違えても』大丈夫。ゼンタングルには『間違え』はないから☆

他にもたくさん素敵な講師の方やゼンタングルを描かれている方がおられます。私は見ているだけでもリラックスできます。

この記事を書いているときにソフトが落ちた。長く書けてるから保存されてなかったらどうしようかと焦りました( ;∀;)
今回はゼンタングル描いたものは載せません(笑)次回載せます(#^^#)

※ゼンタングルは「Zentangle」は登録商標です。

Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です