小さなピースで楽しむゼンタングル。方眼用紙に描きたくなる!

こんばんは、こはなです。
いつも、ご覧いただきありがとうございます(*´ω`*)

今日も、小さなピースで楽しむゼンタングルのことを書きます。

前回はゼンタングルの専用タイル(用紙)、自分で作った用紙を代用して描きました。
今日は無印良品のA5サイズ、方眼ルーズリーフと小学校で使う学習ノートを使って描いてみます!

こんな事書いてます(^-^)/

方眼用紙だと夢中ななって描いてしまう
方眼用紙じゃなくて学習ノートでも良いね

Sponsored Links


方眼用紙だと夢中になって描いてしまう

無印良品のA5サイズ、方眼ルーズリーフの紙(以下、方眼用紙と書きます)に
フラグメント(デザインパターン)を描くのやりたくなりますよね?!
私ならやりたくなります(笑)


本当はゼンタングルの専用タイル(用紙。私は用紙を自作してます)を使って描きます。
専用タイルなら少し線が曲がっていても問題ない。線が曲がっていても良いんですよね。間違いがないから!
曲がっている線が意外に良い味を出しくれることもある( ´ ꒳ ` )


線が少し曲がって良いを、逆にキレイに方眼用紙に描いてみる。
方眼用紙の線があるのでスラスラ描けて気持ちが良い(笑)


色んなフラグメント(デザインパターン)があるので、どのフラグメントでも試したくなる。

このフラグメントを使ったらこうなって〜
あっ、このフラグメントとフラグメント使ったら良い感じなるのかも〜
色々、アイデアが浮かんできます( ˙꒳​˙ )


ブログに載せるために少し描こう!!
また夢中になってしまった・・・・・・・( ̄  ̄)
ブログに載せること忘れて、夢中になって描いてました(笑)

でも、良いですよね!
マインドフルネスだから(o˘◡︎˘o)♪︎

マインドフルネスとは
瞑想、座禅、リラックスのような効果がえられることです。

Sponsored Links


方眼用紙じゃなくて学習ノートでも良いね


なんでも試したくなります(笑)
小学校で使う学習ノートで描いてみました。

小学校で使う学習ノートは前の記事に書いたことがあます!(学習用のノートでも描ける)
フラグメントを使ったような感じのことを描いてました(笑)

小さなピースに描くゼンタングルが好きなんや(゚∀゚)小さな発見ができ嬉しい♪


今回はこんな感じに描いてます。
学習ノートは方眼罫5mmを使ってます。ひとつひとつ違うフラグメント(デザインパターン)を描いてみました。

方眼罫5mmの学習ノートですが、枠を10mmの大きさにして描いてます。

方眼用紙より描きやすかなと思います!
方眼用紙は線のみですが、方眼罫学習ノートは実線と点線があるのでフラグメント(デザインパターン)を描くときに分かりやすいです。


フラグメント(デザインパターン)1つのみも試してみました。

方眼のおかげでフラグメントがキレイに描ける(笑)シェーディング(陰影)入れるので完成まで少し時間入りますが、完成したらファイルの表紙に使いたいなと思ってます♪

方眼用紙や学習ノートで描いてみて良かったです!
ゼンタングルより描きやすかなと思います。
形(四角・三角・丸の枠)が決まってるから描きやすい。

フラグメント(デザインパターン)を描いてるとアイディアが湧いてきます( ˊᵕˋ )
描いてると色んなフラグメントを使って描きたくなってきますよ。
気軽に始めるのに方眼用紙を使って描いてみるのも良いかもです(*^^*)

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
Keep smiling(≧▽≦)ノ

こちらも合わせてどうぞゼンタングルに出会えた

Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です